看護師

白内障や緑内障を治療しよう|眼科で目の健康をキープ

気付きにくい目の病気です

看護師

定期的に検診しましょう

高齢者になると発症しやすい白内障や緑内障といった目の病気があります。最近では若年性のものもあり、さまざまな世代で発症の可能性がある症状といえます。どちらも視力の低下を伴い、重度に至ると失明の危険性があります。特に緑内障は発見のタイミングが遅く、治療を始める時にはかなり進行している場合も多くあります。白内障も緑内障も片方の目に発症しても、もう片方の目が良く見えていると不都合を感じずに生活している場合が多いためです。日頃から眼科にて定期的な検診を受け、眼病対策を行うとよいでしょう。発症していた際には治療の方法がそれぞれに異なります。緊急の治療が必要な緑内障と、経過観察をしながら中長期に治療を行う白内障の違いを認識しておきましょう。

長期の治療が大切です

白内障は水晶体が白濁していく病気です。鮮明な映像を網膜に届くことができなくなり、脳にしっかりとした見え方を伝えられなくなります。一般的に加齢から生じる症状で、老人性白内障と呼ばれています。初期の治療は点眼薬により進行の程度を遅らせる処置をします。一度水晶体が白く濁り出すと元に戻すことは、難しくなります。進行していくと手術により眼内レンズを装着します。局所麻酔後、水晶体を吸い出し、小さく切開した隙間から眼内レンズを挿入していきます。一方、緑内障は、眼圧の上昇から視野が欠損したり、視力が低下していく病気です。眼球の形を維持している房水の圧力が乱れ、視神経を圧迫することで発症します。治療は眼圧を下げる事が優先されます。薬物療法やレーザー治療で眼圧をコントロールすることで正常な状態に戻していきます。どちらも治療には期間が掛かりますので、慌てずに治していきましょう。

ものが見えにくい病気とは

診察室

目がかすむ、あるいは視野が欠ける、といった目の異常を感じたら、すぐに眼科医を受診することをおすすめします。白内障や緑内障は、とても数の多い目の病気です。そのため治療法もめざましい発達を遂げ、手術も簡単にできます。目の異常は我慢せず、早めに治療して、快適な毎日を送ることをおすすめします。

詳細へ

眼の定期検査の必要性とは

目元に触れる女の人

白内障や緑内障は、老化すると発症する人が増えます。白内障は、水晶体が徐々に白く濁ってきますが、人工レンズを使用した手術で治療可能です。緑内障は、眼圧の増大により視神経が圧迫され、場合によっては失明することもあります。早期発見で適切な治療をすることで、緑内障を抑えられます。

詳細へ

放置は危険な病気です

医者

白内障や緑内障は、高齢者に多い目の病気です。放置すると失明の危険のある病気なので、医療機関の受診が大切です。レーザー治療が確立されており、日帰り治療も可能です。痛みはほとんどなく、徹底した衛生管理の下、高い成功率を誇ります。

詳細へ